ゴルフクラブ,オーダーメイドクラブ,ゴルフ会員権売買

ゴルフクラブ,オーダーメイドクラブ,ゴルフ会員権売買

ゴルフクラブ,オーダーメイドクラブ,ゴルフ会員権売買
ウッドヘッド
ウッドシャフト
アイアン
グリップ
パター

ゴルフクラブ,オーダーメイドクラブ,ゴルフ会員権売買
CB-1007 
当社クラブ作りのコンセプト
クラブについて
調整について
試打・コンペ・お客様の声

ゴルフクラブ,オーダーメイドクラブ,ゴルフ会員権売買
神奈川エリア
静岡エリア
売買の手順・入会まで

ゴルフクラブ,オーダーメイドクラブ,ゴルフ会員権売買
神奈川
静岡

ゴルフクラブ,オーダーメイドクラブ,ゴルフ会員権売買
店舗の紹介・MAP
送料・お支払方法
プライバシーポリシー
お問い合わせ
リンク集
ブログ

調整について

既製品と一点モノの違い。

    チューニングであなただけのクラブを。
ニューデザインや新素材を使った新製品は確かに魅力的です。しかし、あなたにとって、それは<機能的>でしょうか。大手メーカーは老若男女、ビギナーからベテランまで幅広く扱えるようにしています。それはある意味では正解です。どういったお客様がそのクラブを手に取るのか解らないから、当然のことでしょう。
例えば、ビギナーの方はスイートスポットが広めのクラブがよいといわれています。それはまだフォームが安定していないため。安定したフォームを維持できている方には必要な機能とはいえません。そういったお客様には、ピンポイントのスイートスポットを持ったヘッドの方がよいでしょう。その代わり、別の機能…飛距離を伸ばすようにリペアやチューニングを施し、更にご自身が満足できるという点がオーダーやリペア、チューニングの最大の魅力です。
その違いはクラブを新製品に買い換える以上であることは間違いありません。

ちょっと内緒のギョーカイばなし。

冗談のような本当の話。
世界のトーナメントで活躍するビッグネームが使用するクラブ。CMでも頻繁に流れ、ゴルフを趣味とする者にはつい心動かされるところです。有名ブランドという安心感も相まって購入したはいいものの、満足なスコアにはならず…といったことはありませんか。

プロの世界では一般に市販されている、いわゆる<既製品>が使われることはまず、ありません。
ですが、テレビ中継を観ている限り、クラブにはそのメーカーのブランドロゴがついているのも事実。
それは大手メーカーがヘッドの形状をそのままに、鍛造専門の国内ヘッド製造会社(三浦技研など)へ依頼して製作させているからです。材質も大手メーカーが販売している<既製品>とは異なる、まったくの別物。
デザインやロゴはその商品ブランドのままなのですから、一般のゴルフファンの方にはなかなか見分けはつきません。
冗談のような本当の話ですが、この業界ではかなり有名な話です。

ページトップへ

COPYRIGHT©2007 AIWA GOLF SERVICE ALL RIGHTS RESERVED.